前回でもWindows10のトラブルに関しての記事を書きましたが。

関連で、リカバリメディアについて説明いていきます。

 

Windows10をインストールすると、ハードデイスクのパーティションデータがWindows10用に変更されて

DtoDリカバリができなくなる事があります。

現在の一般のパソコンは、リカバリメディアが添付されていない場合が多いので

パソコンを購入後、ユーザー自身でリカバリメディアを作成しなければなりません。

しかしながら、9割のユーザーの方がリカバリメディアを作っていないのが現状です。

 

リカバリメディアがあれば、データバックアップ後にパソコンリカバリをしてデータ移行まで

スムーズにいくのですが、リカバリメディアがないばっかりに修理も高額になるケースがあるので

 

パソコン購入にには、すぐにリカバリメディアを作成することをおすすめします。

 

【リカバリメディアのメリット】

リカバリメディアから直接パソコンをリカバリが可能となる。

パソコンのハードディスク交換が可能になる。

パソコンの修理の幅が増えるということです。

 

わざわざ高額な、新しいパソコンを購入しなくて済みます。

 

追加ーーーー

パソコン購入後には、インターネット、無線LAN、メール設定、プリンター設定、ウイルスソフトインストール

等、色々な設定がありますが、一通り設定が終わった後に、イメージメディアや修復ディスクも合わせて作って

おくと、イメージメディアを作った時点に戻すことができるので、かなりおすすめです。

 

パソコンを使うときに意識してほしいのは、パソコンは壊れる前提で使ったほうが良いということです。

 

ある日突然パソコンが起動しない、フリーズする等トラブルが発生すると、仕事に支障をきたしたり

業務ができなくなります。これってかなりの損害ですよね。。。

 

パソコンは壊れる前提で使用しましょう。